loader image

株式会社

防災屋

Fire and Disaster equipment Maintenance Advisor 
Fire and Disaster equipment Maintenance Advisor 

NEWS

BUSINESS

㈱防災屋は、消防法および建築基準法に基づく法定点検・報告および設備の設計・施工および
メンテナンスに関する各種サービスを提供し、防火管理・防災業務の手間と不安から解放します。
Business 01

消防法 第8条の2の2〔防火対象物の点検及び報告〕および 第36条〔防災管理者等〕の規定に基づき、有資格者による防火対象物点検および防災管理点検を毎年1回実施します。
点検報告周期を1年に1回から3年に1回とすることができる「特例認定制度」による大幅なコストカットも可能です。

Business 02

消防法 第8条〔防火管理者〕および 第36条〔防災管理者等〕の規定に基づいて選任される防火管理者や防災管理者を、防火管理のプロフェッショナルがデジタルコンテンツやシステムを用いて防火管理者を代行します。
防火管理者は外部委託制度による「プロ代行」と自ら法定講習を修了する「セルフ選任」という二つの選択肢があります。

Business 03

消防法 第17条の3の3〔消防用設備等又は特殊消防用設備等の点検及び報告〕にて半年に1回の機器点検および1年に1回の総合点検を実施することが規定されています。
また、消防署への消防用設備点検の結果報告を1年に1回もしくは3年に1回実施します。
※建物用途や規模によって点検費用が異なります。

Business 04

消防法 第8条の2の2〔防火対象物の点検及び報告〕および 第36条〔防災管理者等〕の規定に基づき、有資格者による防火対象物点検および防災管理点検を毎年1回実施します。
点検報告周期を1年に1回から3年に1回とすることができる「特例認定制度」による大幅なコストカットも可能です。

Business 05

建築基準法 第12条〔報告、検査等〕の規定に基づき、有資格者による点検を実施します。
「特定建築物定期調査/防火設備定期検査/建築設備定期検査 」
建物用途や規模によって点検費用が異なります。消防用設備点検と同時実施で値引き可能です。

Business 06

FC(フランチャイズ)本部を運営し、新たに消防設備業を始める全国の消防設備士と弊社が積み重ねた経営リソースやナレッジを共有および提供することで、独立・企業の成功確率を3倍以上に高めます。
独立・起業初期に必要な集客力や実務の技術力、機器調達やバックオフィスに至るまで加盟店の消防設備士をフルサポートします。

VISION

予防時代をリードする
200年企業をつくる

人命救助の最前線は、予防。
これからの200年は、予防の時代。
予防時代をリードする企業に、
㈱防災屋はなる。

MISSION

MISSION 01
脱・アナログ労働集約型ビジネス業界
Cloud Computer technology and storage online for computer busine
MISSION 02
挑戦する個をエンパワーメントする
mission01
MISSION 01
脱・アナログ労働集約型ビジネス業界
Cloud Computer technology and storage online for computer busine
MISSION 02
挑戦する個をエンパワーメントする
mission01

RECRUIT

直営店スタッフ

(株)防災屋の直営店スタッフ採用部門です。

消防設備士

インサイドセールス

コーポレート(財務経理・人事総務)

オープンポジション ※職種を決めない方

FC加盟店オーナー

消防設備士事務所FC加盟店オーナー向けの募集要項です。

元消防士

消防OB

消防設備士

その他キャリア

株式会社 防災屋 Fire and Disaster equipment Maintenance Advisor  Fire and Dis...